2018年5月17日木曜日

インドネシアで相次ぐテロ事件と「インドネシアのイスラム国」

インドネシアでは2018年のラマダン開始前に子供を含む一家6人全員が自爆するといった凄惨なテロ事件が相次ぎました。

①5月8日 ジャカルタ南部デポック刑務所で受刑者10人以上が警官6人を殺害
②5月13日 インドネシア第二の都市スラバヤで教会3カ所を狙い一家6人が3連続自爆、18人死亡、40人以上負傷
③5月13日 スラバヤ近くのシドアルジョのアパート内で一家のうち3人が自爆
④5月14日 スラバヤの警察署を狙い一家5人が2連続自爆、自爆者4人死亡、警官と民間人あわせて10人負傷
⑤5月16日 スマトラ島リアウ警察署が5人の男に襲撃され警官1人死亡、警官2人とジャーナリスト2人が負傷

一連の事件は犯行の残虐性、家族ぐるみの犯行であること、2日間に子供を含む13人もの人が自爆を実行するというあまりにも高い頻度などがあいまって、世界最大のイスラム教徒人口を擁するインドネシアはもちろんのこと、東南アジア近隣諸国や世界にも衝撃を与えています。

(従来「寛容なイスラム教国」とみなされていたインドネシアに過激なイスラム教思想が広まった背景については拙著『イスラム教の論理』に記してあります。)

上記のうち①②④⑤についてはイスラム国が犯行声明を出しており、インドネシア治安当局も③を含む全ての事件についてイスラム国に忠誠を誓っているテロ組織Jamaah Ansharud Daulah (JAD)の関与を認めています。

JADはインドネシアでイスラム国に忠誠を誓っているテロ組織の中では最大のもので、2015年にアマン・アブドゥッラフマーンAman Abdurrahmanという人物により設立され、2017年にはアメリカ政府によりテロ組織指定されました。(写真はkompas.comより拝借したアマンのもの)


アマンはLIPIAというサウジのイスラム大学のジャカルタ分校でイスラム教とアラビア語を学んだ人物で、2004年にデポックでテロを計画していたとして逮捕されるも、刑務所内における行いがよかった(!)ために2008年に釈放、2010年にはJamaah Anshorul Tauhid (JAT) の指導者であるアブバカル・バーシルAbu Bakar Baasyirとともにアチェにテロリスト養成キャンプを設立、それにより9年の実刑判決を受け、現在も服役中です。

2014年にイスラム国がカリフ制再興を宣言するとアマンは刑務所内でカリフに忠誠を誓い2015年にJADを結成、以来「インドネシアのイスラム国」の実質的指導者とみなされています。

服役中にもかかわらずアマンは2016年ジャカルタ中心部で犯人4人を含む8人が死亡、26人が負傷したテロや、2017年東ジャカルタで警官3人が死亡したテロなど、国内の様々なテロ事件に関わっているとされています。

特に2016年のジャカルタでのテロ直前にアマンが刑務所内から発行した以下のようなファトワー(イスラム法的見解)はインドネシアのイスラム過激派に広く影響を与えているとされています。

「イスラム国に移住しなさい。移住できないならば、どこでもいいのであなたの命をかけてジハードをしなさい。戦うことができない、もしくはその勇気がないならば、それを実行する者に対しあなたの財産を与えることで貢献しなさい。もし財産で貢献できないならば、他者に対しジハードを敢行するよう促しなさい。もしそれすらできないと言うなら、あなたの忠誠にいったい何の意味があるというのだ?」

これはイスラム国中枢部によるジハードおよびヒジュラの呼びかけと基本は共通していますが、より一層プラクティカルだと言えます。

自分でジハードできないならせめて他人にジハードをけしかけろ、といった表現は、イスラム国中枢部ではあまり用いられません。

さて今回の連続テロ事件は直接的にはJADの第二の指導者であるザエナル・アンシャリZaenal Anshariの逮捕によって引き起こされた、と警察は見ています。

それはそうなのかもしれませんが、子供の自爆、女性の自爆、そして一家揃っての自爆というのはインドネシアでは前例がないこと、また一連の事件がラマダン前に実行され、それをイスラム国中枢部も把握していたことなどから、どうしても、インドネシアのテロは新たな局面に入ったと認識せざるをえないように思います。